006.jpg

日本の雑節 「八十八夜」 と農業の関係

八十八夜(はちじゅうはちや)は立春を起算日として88日目にあたる日のことを呼び、暦日としてお茶と深く関係する一日です。多くの方は"茶摘歌"の冒頭、『夏も近づく 八十八夜~♪』で耳にされたことがあるかと思います。

八十八夜は雑節(ざっせつ)のひとつです。雑節とは、1年における季節の移り変わりを的確に把握するための"特別な暦日"のことで、八十八夜は日本独自の雑節です。農作業を行うにあたって、昔中国より伝来した五節句や二十四節気などが利用されていましたが、それらでは補いきれないところに設けられており、他に節分や彼岸、土用なども雑節に含まれます。

八十八夜の別れ霜・八十八夜の泣き霜などといわれる通り、立夏の3日前であるこの時期は不安定な天候のため、時期的に遅い霜が降りることがあります。そこで晩霜(おそじも)による被害を農作物へ及ぼさないための目安として、雑節の八十八夜までに対策をしようという慣わしが定着しました。

0601.jpg

八十八夜茶のひみつ

0603.jpg

日本において古くから、この八十八夜に摘まれた新茶は栄養価が高く、不老長寿の縁起物として重宝されてきました。その年の最初に新芽を摘んで作ったお茶は「一番茶」といいます。また、一般的に一番茶のことを「新茶」とも呼びます。

栄養価が高くなる、そこには理由があります。
お茶の木は冬に地中から充分な養分を蓄えながら春を迎えます。
春も盛んになり始める頃、お茶は親芽の間から新芽を出し始め、4月中旬の穀雨によって養分をたっぷりと蓄え、八十八夜の頃にはカテキンやビタミンなどを豊富に含んだ「新茶」となります。これで鮮やかな緑色をした茶葉は香り高く、豊富な栄養分に恵まれた美味しいお茶の原料となります。

毎日の健康に「緑茶でのうがい」がオススメです!

0604.jpg

日本において古くから、この八十八夜に摘まれた新茶は栄養価が高く、不老長寿の縁起物として重宝されてきました。その年の最初に新芽を摘んで作ったお茶は「一番茶」といいます。また、一般的に一番茶のことを「新茶」とも呼びます。

栄養価が高くなる、そこには理由があります。
お茶の木は冬に地中から充分な養分を蓄えながら春を迎えます。
春も盛んになり始める頃、お茶は親芽の間から新芽を出し始め、4月中旬の穀雨によって養分をたっぷりと蓄え、八十八夜の頃にはカテキンやビタミンなどを豊富に含んだ「新茶」となります。これで鮮やかな緑色をした茶葉は香り高く、豊富な栄養分に恵まれた美味しいお茶の原料となります。

syotyu.png

近年、人気上昇中な「焼酎の緑茶割り」。
これは緑茶に含まれるタンニンによる苦味と、すっきりとした香りが焼酎の味を引き立てていて、特にお寿司屋さんなど生魚を食べるところでは和のテイストを感じ、生臭もを抑えてくれるとのことで人気が高まりました。

お酒が弱いという方は逆に、お茶に少しだけ焼酎を加えて飲むという方法もオススメです。自宅でも気軽に楽しめる「手作りの焼酎カクテル」で、普段とは少し違った楽しみ方もいかがですか?

8e11dd9700147db65fd45a1c43a6a1a2_s.jpg